みりんは超低GI!砂糖よりもみりんがカラダに良い5つの理由

食べ過ぎは良くないと言われる砂糖。

 

砂糖の取りすぎは肥満になるだけでなく、

血糖値の乱高下によって気分がイライラしたり、

肌荒れの原因になることも知られています。

 

砂糖を使わずに料理をしたい時によく用いられるのが調味料の『みりん』。

みりんはお米からできた発酵調味料で

砂糖などの甘味料は全く使われていません。

 

砂糖を一切使っていないのに十分な甘みがあり、

砂糖を使わずに料理をしたい時にもよくレシピなどで用いられます。

 

そこで今回は砂糖よりもみりんがカラダに良い5つの理由を

紹介していきたいと思います。

 

砂糖よりもみりんがカラダに良い理由5選

 

① みりんは超低GI

f:id:mirin-rabo:20181011110515j:plain

 

みりんは超低GI調味料で、他の甘味料と比べても飛び抜けてGI値が低いです。

 

f:id:mirin-rabo:20190420145013p:plain

 

GI値グリセミック・インデックス)とは…

その食品を摂取した時の血糖値の上がりやすさを数値として表したもの。

GI値が55以下のものは低GI食品と呼ばれGI値が高いものよりも身体への負担が少ないとされている。

 

砂糖のGI値は100以上、はちみつなどの健康に良いイメージがある甘味料でも80前後の値であるのに対して

みりんのGI値はわずか16しかないんです。

 

GI値が低いのは血糖値が乱高下しにくく、

カラダへの負担が少ない食べ物である一つの指標になるので

みりんが超低GIであることはみりんがカラダに優しいポイントのひとつと言えます。

  

 

② お米からできた優しい甘み成分

f:id:mirin-rabo:20180527092243j:plain

 

皆さんはみりんがなにから造られているか知っていますか?

実はみりんは『もち米・米こうじ・米焼酎』この3つからできています。

 

つまりみりんのあの優しい甘みや奥深い香りはすべてお米からできているということ。

 

砂糖の甘みはショ糖という成分でできているのに対して、

みりんの甘みの主成分はブドウ糖(お米の甘み)でできています。

 

ショ糖は口に入れた時に、ガツン!とわかりやすい甘みがありスッと味がなくなります。

それに対してブドウ糖は、甘みがおだやかに感じられあとに広がる余韻があります。

(お米を食べた時によく噛むとじんわりとした甘みが感じられますよね。あれがブドウ糖の甘みです。)

 

 

最近では砂糖が『マイルドドラッグ』と呼ばれる事もある事もあるぐらい

砂糖の甘みの中毒性が問題視されています。

 

(『あまくない砂糖の話』はおもしろいけど

砂糖の摂取について深く考えさせてくれるオススメ映画です)

 

しかし、みりんの甘みは砂糖の甘みと成分が全く違うので

中毒性が低くやさしい甘みをつけることができます。

 

 

③ 糖類以外の栄養成分がたくさん

f:id:mirin-rabo:20180705062155j:plain

砂糖は97%がショ糖で構成されているので、クセがなく奥深い味わいもありません。

 

一方でみりんは糖類以外の栄養成分も複合的に含まれています。

 

f:id:mirin-rabo:20181106204125j:plain

 

<糖質>

 グルコース以外にもお米からの発酵によりできた様々な糖質が含まれている

これがみりん特有の「深みのある甘み」につながる

 

<アルコール>

お酒としての役割だけでなく、みりん特有の「香り」の元となる役割もある

 

<窒素>

みりんにはアミノ酸などの「うま味」も含まれている

みりん特有の「テリ・ツヤ」が出るのもこのおかげ

 

有機酸>

成分量は少しですが、全体の味をうまくまとめる役割がある

 

エステル・カルボニル化合物>

みりんのあの「甘くて良い香り」の元となる

 

みりんに含まれる様々な栄養成分は、

料理の時に砂糖にはない色々な効果を発揮してくれます。

 

 ▽ みりんが料理にもたらす美味しい効果はコチラ ▽

mirin-rabo.hatenablog.jp

 

 

④ 抗酸化作用がある

f:id:mirin-rabo:20190329163312j:plain

 

本みりんにはワインで有名な抗酸化作用があることが近年注目され研究が進んでいます。

 

<抗酸化作用とは>

 

私たちが生きていく上で絶対に必要なのが酸素ですが

酸素には細胞にダメージを与えて老化や病気の要因になるという一面もあるんです。

(これを酸化と言います)

 

その酸化に対抗する力が『抗酸化力』

抗酸化作用をもつ食べ物としては緑黄色野菜、フルーツ、ごま(種実類)などがあります。

 

本みりんの色の主成分(メラノイジン)が抗酸化に関係しているのではないかを言われており、色の濃さと抗酸化力が比例関係にあるとする研究結果もあります。

 

 

⑤ 血圧上昇抑制効果がある

f:id:mirin-rabo:20190419204101j:plain

 

本みりんの色の主成分(メラノイジン)には血圧の上昇を抑える効果があることもわかっています。

 

それは、高血圧症の患者さんに使用される薬(アンジオテンシンⅠ変換酵素阻害薬)の原理と同じ作用があるとのこと。

 

生活習慣病のひとつである「高血圧」ですが

高血圧症になってしまうと、薬を飲んだり塩分を控えたり…とても大変です。

 

できたら高血圧症になる前に予防したいですよね。

 

本みりんに血圧の上昇を抑制する効果があったなんて驚きですね!

 

 

みりんを上手に使って 美味しい & カラダに優しい 料理を作ろう! 

みりんは砂糖にはないカラダへの良い効果があるだけでなく

料理にコクをプラスしたり見た目も美味しく仕上げてくれます。

 

みりんを上手に使って、もっと家庭料理を美味しくカラダに良いものにしましょう!

 

▽ こちらもオススメ ▽

 

mirin-rabo.hatenablog.jp